臨床心理学にいる

心理学のあれこれ

第03回 感覚

感覚 003 感覚の属性

感覚の属性とは、感覚を要素に分解したものを指す。例えば、色は、色相、明度、彩度の3属性を持つとされる。構成主義心理学のヴントは、感覚は、質・強度という属性で構成されるとした。 とはいえ、物事は単純なものではなく、感覚の要素は単純な和とは見な…

感覚 002 感覚のモダリティ

感覚は、視覚、聴覚、嗅覚、皮膚感覚、運動感覚、平衡感覚、内臓感覚というような「モダリティ」に分けることができる。ちなみに、アリストテレスは感覚を、聴覚、視覚、嗅覚、味覚、皮膚感覚(広義の触覚で、さらに熱覚、温覚、冷覚、触覚、痛覚に細分化さ…

感覚 001 感覚と刺激

感覚とは、刺激が受容器から感覚中枢に伝わるという、感覚系の興奮によってのみ規定される過程こという。感覚はより全体的な過程であり、感覚と知覚は便宜的に区別される。感覚は心理学の研究対象であると同時に、生理学の研究対象でもある。 ちなみに、知覚…

感覚 003 感覚の属性

感覚の属性とは、感覚を要素に分解したものを指す。例えば、色は、色相、明度、彩度の3属性を持つとされる。構成主義心理学のヴントは、感覚は、質・強度という属性で構成されるとした。 とはいえ、物事は単純なものではなく、感覚の要素は単純な和とは見な…

感覚 002 感覚のモダリティ

感覚は、視覚、聴覚、嗅覚、皮膚感覚、運動感覚、平衡感覚、内臓感覚というような「モダリティ」に分けることができる。ちなみに、アリストテレスは感覚を、聴覚、視覚、嗅覚、味覚、皮膚感覚(広義の触覚で、さらに熱覚、温覚、冷覚、触覚、痛覚に細分化さ…