臨床心理学にいる

心理学のあれこれ

心理学史 048 フロイトの精神分析

f:id:nutshell:20140121224653g:plain

BY Takashi Kato

フロイト

フロイトの精神分析は、シャルコーの催眠研究、ダーウィンの進化論、フェヒナーの精神物理学、ヘルムホルツなどの考えなどを背景に生まれた。フロイトは静的なエネルギーに基づく無意識を想定し、乳幼児期の親子関係がその後の人間関係に大きな影響を与えるとし、イド、自我、超自我という人格の3分説から精神構造を説明した。

20世紀における天才の一人。